スルガ・キャピタル株式会社
トップページ
業務案内
リース業務
保証業務
コンサルタント業務
会社概要
個人情報保護方針
お問い合わせ
リースのしくみ リースの手続き リースのメリット 主なリース物件
リースのメリット

コスト管理が容易です
リース料の支払いは原則毎月一定額ですので、将来発生する費用が容易に把握でき、設備投資計画や経営計画等の策定が容易になり、担当従業員のコスト意識の向上にも役立ちます。
中小企業等においては賃貸借処理を行うことができ、容易にコスト把握できます。大企業等においても、重要性が乏しいリース契約1件当たりのリース料総額が300万円以下のリース取引は賃貸借処理できます。1契約300万円を超えるリース取引についても、重要性が乏しいリース取引は、簡便な会計処理を採用することができます。
事務負担を軽減できます
設備を購入した場合、いろいろ煩わしい事務負担が発生してきます。たとえば資金調達、記帳、償却事務、諸税金支払い、損害保険付保、資産処分事務などがあげられますが、リースを利用した場合は、これらの負担がなくなり、管理部門の合理化が図れます。
環境関連法制に適正に対応できます
リース物件は、リース期間終了時にリース会社へ返却いただきますので、お客様には物件処分の手間がかかりません。スルガ・キャピタルは、環境関連法令に則った処理体制を確立し、適正にリース物件を処理しています。
リース関連諸制度がご利用できます
リースをご利用された場合、減税制度、助成制度がご利用になれます。
対象事業者・機種等、詳細ついてはお問い合わせください。


資金調達の多様化が図れます
金融機関から借入による購入やリースも、物件を使用するという点では全く変わりありません。リース利用によって、実質上設備投資について借り入れしたのと同じ効果が得られます。しかも金融機関からの借入枠は温存されることになり、資金調達力に余裕が生まれます。
資金の効率的運用が図れます
リースの利点は、一時に多額の購入資金が不要なことです。毎月のリース料の支払いだけで済みますから、機械設備の購入による資金の固定化が避けられ、その資金を有効に運用して利益を上げることができます。
金利変動リスクが回避できます
リース料は固定ですので、金利情勢に左右される銀行借入のような金利変動リスクが回避でき、損益の安定化が図れます。


技術革新に対応した、最新設備の導入が可能です
技術革新のスピードが加速している現代においては、設備が陳腐化する危険性が高まっています。将来の陳腐化時期を予測してリース期間を設定すれば、いつも最新鋭の設備が活用でき、技術革新に迅速に対応できます。
中小企業等はオフバランス効果を得ることができます
中小企業等においては賃貸借処理ができるので、リース債務が顕在化しません。また、上場企業等における所有権移転外ファイナンス・リースにおいても、重要性が乏しいリース契約1件当たりのリース料総額が300万円以下のリース取引は賃貸借処理できます。
費用の平準化が可能です
250%定率法等による減価償却費の初期負担を、リースにより平準化させることで適切な損益の計上が可能になります。特に、新規事業開始の場合、2〜3年は設備の稼働率が低く、売上も本格化していない状況が予想されるため、早期の黒字化に大きく寄与します。

Cpyringht(C) 2011 Suruga Capital Ltd.