スルガ・キャピタル株式会社
トップページ
業務案内
リース業務
保証業務
コンサルタント業務
会社概要
個人情報保護方針
お問い合わせ
リースのしくみ リースの手続き リースのメリット 主なリース物件
リースのしくみ
お客様の希望する物件(動産)をスルガ・キャピタルがお客様に代わってメーカーやディーラーから購入し、お客様に比較的長期間にわたって貸与することです。
器具及び車両・機械装置を中心として、ほとんどの動産が対象となります。
具体例については下記の通りです。
リース対象機器の例
 ・IT関連機器(パソコン、サーバー、ストレージ、ルータ、IP電話、プリンタ、
  開発ソフトウェア、ネットワーク機器 等)
 ・オフィス関連機器(複合機、デジタル複写機、シュレッダー、ATM、郵便
  料金計器 等)
 ・産業機械(印刷機械、金型・ロボットマシン、工場の製造ライン 等)
 ・工作機械(フライス盤、旋盤、マシニングセンタ、プレス機、射出成形
  機 等)
 ・土木建設機械(ブルドーザ、トラッククレーン、パワーショベル 等)
 ・輸送・荷役関連機器(乗用車、軽自動車、トラック、バス、船舶、フォーク
  リフト 等)
 ・商業用及びサービス業用機器(POSレジ、厨房機器、冷凍冷蔵ショー
  ケース、ゲーム機器、自動改札装置、電光掲示板 等)
 ・医療機器(各種画像診断装置、AED、手術室用機器装置、透析装置 等)
 ・その他の器具・機械装置(試験装置、分析機器、汚水処理用機器、農業
  用機器 等)
不動産や建物付属設備、構築物は、原則リースの対象となりません。
また、消耗品や特定することができない物件
(例:建設現場における足場など)も原則リースの対象となりません。
  リース期間はリース物件の使用可能期間等を参考にお客様とリース会社
  間で決定することができます。但し、ファイナンス・リースは税務上、法定耐
  用年数を基礎とした適正リース期間が以下の通り定められています。
法定耐用年数 適正リース期間
10年未満 法定耐用年数×70%以上(端数切捨)
10年以上 法定耐用年数×60%以上(端数切捨)
適正リース期間 法定耐用年数 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
最      短 2年 2年 3年 4年 4年 5年 6年 6年
物件の種類、価格、リース期間及び代金支払方法などによって異なってきますが、基本契約期間中は一定です。
原則として毎月指定日に定額支払となります。
リース物件の検収と同時にお客様に所定の初回リース料を現金で支払っていただき、第2回目以降については
1.原則としてスルガ銀行の預金口座振替払になります。
2.月額リース料の約束手形を月別に一括して振出していただくことも
  あります。
リース契約ご調印と同時に、リース期間に応じ、月額リース料の1〜4ヶ月分程度を前払リース料としてお預かりし、リース期間最後の1〜4ヶ月分のリース料に充当させていただきます。
リース物件の損害保険は当社が保険会社と契約を結び、保険料を支払います。固定資産税の申告、納税も当社がすべて行い、金額はリース料に含まれています
購入した場合と同じように、メーカーまたはディーラーから直接あなたの会社に適用されます。保守契約はお客様とメーカーまたはディーラーとの間で直接とり交わし、費用はお客様負担としていただきます。
物件の所有権は当社ですが、お客様はリース物件を占有していますので、期間中の維持・管理はお客様の費用負担で行っていただきます。なお、リース物件には、リース会社の所有権を示す表示(ラベル等)を行います。設置場所の変更等の場合、お客様はそのつど当社へ通知することになっております。
当社にリース物件を返還していただくのが原則ですが、その時の物件の状態により引続使用可能なときは「再リース」により引続使用することもできます。再リース料は当初のリース料よりも格段の割安となり、原則として1年分を前払いしていただきます。
リース期間中は原則として中途解約できません。万一何らかの理由でリース契約を解除するときにはこれによって生ずる規定の損害金を申し受けます。
原則として物的担保の差し入れをお願いすることはありませんが、通常は連帯保証人をたてていただきます。また物件購入先メーカー、ディーラーの物件引取保証をしていただくことがあります。

ご契約にあたってのお願い

●リース期間中の解約はできません。
●物件の瑕疵責任は負いません。
●物件には弊社が選定した保険会社と動産総合保険を締結します。
●物件の所有権は弊社にございます。
●「リース会計基準」による財務諸表への注記が必要の場合があります。
●お申込時に、直近の決算書2期分、登記簿謄本等が必要の場合があります。
●ご契約に当たりましては、弊社所定の事前審査が必要です。



Cpyringht(C) 2011 Suruga Capital Ltd.